猫のおやつの頻度、タイミングは?メリットからデメリットまで解説!

にゃんこ生徒

猫におやつをあげたいけど、どれくらいあげたらいいのわからない。

にゃんこ生徒

体のこともあるし、量や頻度も気になるな〜。

にゃんこ先生

おやつは1日1回まで

にゃんこ先生

特別の1週間に1回程度なら1日2回でも大丈夫!

この記事でわかる情報

①おやつをあげる頻度
②おやつのタイミング
③おやつの量
④おやつのメリット・デメリット
⑤おすすめのおやつ

おやつのあげる頻度は基本的に1日1回

なぜなら何度もあげると虫歯になりやくなったり、太って病気になる可能性のあがるため。

おやつあげたくなっても、そこはグッと堪えて、猫の体のことを考えて体にいいおやつや選んだり、量も気にしながら健康な猫ちゃんを一緒に目指しましょう!

この記事ではどんなおやつがあるのか?おやつをあげるメリットやデメリット、おやつの量も詳しく話します!

目次

猫のおやつの頻度

猫のおやつってどれぐらい、どんなタイミングであげていいのかわからないですよね。

詳しく解説していきます。

獣医

※病気の猫は異なりますので、病気がある猫は獣医さんに相談しましょう。

①おやつの頻度

1日1回にしましょう!

多い日で1日2回。

それ以上は健康に悪いためあげないようにしましょう。

かわいいからついついおやつをあげたくなりますが、ここはぐっとこらえて!

にゃんこ先生

たまに1日4回あげてもいいと見かけますが、病気のリスクは上がっています。
健康に過ごしたいなら1日1回がおすすめ!

②おやつの量

1日の消費カロリーの5%まで!

猫の平均体重4kgの場合は1日の消費カロリーは160キロカロリーなので、その5%で1日カロリーまで。

モグリッチだと1本。

筆者(やまのうち)

5%は健康でいるための量!
20%あげてもいいとは言われているけど、体にはよくないから5%に止めるのが健康の秘訣。

③おやつのタイミング

1番おすすめは食後。

食前はおすすめしません。

食後をおすすめする理由は、虫歯になりにくいから!

歯が悪くなると好きなものを食べれなくなっちゃうから、歯のケアは大切。

筆者(やまのうち)

食事と食事の間におやつあげることで、虫歯になりやすくなるよ!
実は私、歯医者で働いていて、歯について詳しいんです♪

また食前におすすめしない理由はおやつを食べ、キャットフードなどを食べない猫がいるからです。

キャットフードなどをしっかり摂ることは健康に大切なこと。

おやつより、キャットフードなどのご飯を優先的にあげましょう。

猫におやつをあげるメリット

おやつは体に悪い?とネガティブなイメージがあるかもしれませんが、メリットもあります。

筆者(やまのうち)

メリットはあるけど、食べ過ぎは要注意よ!

①水分が取れる

猫の病気の1位は腎臓病。その腎臓病は水分不足が1つの要因と言われています。

そのため、水をあまり摂らない猫にはおやつで水分を多いおやつを選ぶと水分の補給に。

筆者(やまのうち)

モグリッチは水分が多いから、水をあまり飲まないようた君にあげているよ!

②虫歯になりにくい

おやつによっては歯のケアをできるものもあります。

歯についた汚れを噛むことで取ることもできるため、虫歯予防に!

「歯の汚れが取れます」や「デンタルケア」などと書いてあるおやつを選ぶことをおすすめします。

③ストレスが減る

人間も一緒ですが、おやつを食べるとストレスが減りますよね。

甘いものって、とても癒されます。

たくさん与えすぎは危険ですが、たくさんあげすぎずにストレスを溜めない生活も重要です。

かまってちゃんジジ

おやつっておいしいからスキーーーー!

猫のおやつをあげるデメリット

メリットをお話ししましたが、もちろんデメリットもあります。

ようた少年

デメリットなかったら、毎日いっぱい食べたいな〜。

①太る

人間と同じでおやつの食べ過ぎは太ります。

太ることで病気になりやすくもなるので注意が必要です。

ダイエットは食事制限や運動などが大変なので、太らないように量を守って、たくさんあげすぎないことが大切です。

筆者(やまのうち)

かわいい顔されるとおやつをあげたくなっちゃうんだけど、グッと我慢。

②虫歯になりやすい

メリットで虫歯になりにくいとお話ししましたが、虫歯になりやすいおやつもあります。

歯につきやすいおやつは虫歯になりやすいです。と言ってもある程度は唾液で汚れは落ちるので、心配はそんなにいりません。

ただ1日何度もおやつをあげると口の中が酸性になる時間が増えて、虫歯になりやすいです。

そのためおやつは1日1回!多くても1日2回にしましょう!

③病気になりやすい

特に塩分と摂りすぎると腎臓病になるリスクがあがるので塩分には特に注意しましょう。

おやつは量を守れば体には問題はないですが、あげないほうがいいので、病気に不安なかたは塩分の少ないおやつにするもしくは1週間に3回など回数を減らすのもいいですね。

おすすめの猫のおやつ

たくさんの猫のおやつを見てきて、おすすめなおやつを3つご紹介します。

①モグリッチ

塩分が少なく、そして香料や着色料、保存料などの添加物が入っていない安心な猫のおやつ。

特に猫は腎臓病になりやすいため塩分はかなり大切。

モグリッチは塩分0.08%なので、他のおやつに比べるとかなり少ないです。

②猫用グリニーズ™ 歯磨き専用スナック

Amazonより引用

このおやつは歯の歯垢を取るためのおやつで、歯垢が気になる方に特におすすめ!

米国獣医口腔衛生協議会認定、米国獣医師推奨の歯磨き用おやつで、安心です。

③ちゅーるの健康なやつ

猫のおやつといえば「ちゅ〜る」を思い浮かべる人が多いくらい人気商品!

普通のちゅ〜るではなくて、無着色、無香料、調味料・甘味料不使用のちゅ〜るがあるんです!

Amazonより引用
にゃんこ先生

塩分が多いのが少し心配だけど、着色料や香料が入っていないのは安心だね♪

まとめ:猫のおやつで心も体も健康に!

おやつの頻度とおすすめおやつについてお話しました!

この記事のまとめ!

おやつの頻度→1日1回が健康的。
おやつの量→消費カロリーの5%が理想。平均体重4kgの猫だと8キロカロリー。
おやつのメリット
・水分が取れる
・虫歯になりにくい
・ストレスが減る
おやつのデメリット
・太りやすい
・病気になりやすい
・虫歯になりやすい
おやつのおすすめ
①モグリッチ
②猫用グリニーズ™ 歯磨き専用スナック

最後まで読んでくれてありがとうございます。

最後まで読んでくれたあなたとあなたのペットが幸せに過ごせますように。

この記事を書いた人

猫や犬、動物が大好き。
現在4匹の猫と楽しく過ごしています。
良いキャットフードと巡り会えて、幸せで健康な猫が増えることを祈っています♪

コメント

コメントする

目次